IPOというのはその銘柄の公募価格分の資金が口座に入っていれば、申込できるものとなっています。
IPOというのは初値高騰間違いなしという銘柄がゴロゴロ転がっていますから、簡単に当選をすることが難しくてもとりあえず申込できるものは全て申込をしてしまうのが良いでしょう。
IPOで初値高騰を期待することができる銘柄というのは、成長性が高く注目度が高い事業をしていて公募枚数が少ない銘柄ということが多いものとなっていますが、当然このような銘柄というのは簡単に当選をするものではありません。

しかし、IPOの抽選申込には購入代金に当たるお金があれば申込できるわけであり、それ以外のリスクというのは一切ありません。
購入をすることができたけれど、公募割れをしてしまい損をしてしまうという可能性はあるにしても、抽選に申込をすることに対するリスクというのは存在しません。
投資成績が非常に優れている人であれば、IPOの抽選期間中に資金が拘束されてしまうということがリスクとなってしまうことがありますが、逆にそれほどまでに投資成績が優れているという人でもなければ、資金を拘束されても時々IPOに当選をすることでそれ以上のリターンを得ることができるものとなっているため、とにかく申込をして見るという価値はあるものとなっているのです。
プラチナチケットも呼ばれるようなIPOはそれこそ宝くじに当選するようなものではありますが、参加をするのに費用がかからない宝くじと考えることが出来るものですから、使うことがないお金があるというのであればとりあえず参加をして見るだけの価値は十分にあるものとなっているのです。
IPOは当たる可能性は低くとも、リスクもないので申込できるものはどんどん申込してしまいましょう。