IPOの初値予想というのは非常に難しいものであり、難しい株価予想の中でも特に難しいものとなっています。
まずその理由としては上場をしていない企業に初めて値段がつくわけですから、それまでのデータというものがないのでいくらぐらいになるのか予想を付けるにも簡単につけることができないためです。
ある程度は企業の価値などからこのぐらいの値段になりそうだという予想を立てることは出来ますが、その時の地合によっても大きく変わるだけに初値予想は非常に難しいものとなっています。

しかし、IPOの初値予想で当てることができる部分としては、人気をするかしないかということだけは予想がつきやすく、初値が公開価格を上回ることは間違いなく後はどれだけ初値が高くなるのかという銘柄は存在します。
そのため、このような銘柄だけを楽天証券などの証券会社から申し込みをしていれば、損をすることはないということになります。
楽天証券に限らずIPOは参加をする際に購入代金に相当する金額さえ口座に入金されていれば、申込をすることができ抽選に外れれば資金の拘束がとけるので金銭的な負担は一切ないので参加をするだけ得だといえます。
問題となるのが補欠キャンセルをするかどうかということで、楽天証券などのネット証券では補欠当選という形で、辞退者がでた場合に補欠当選として資金が拘束されてしまう場合があります。
この際に補欠キャンセルをして資金の拘束を早く解いたほうが良いのか、あるいは補欠キャンセルをせずに待った方が良いのかという問題がありますが、補欠当選の可能性は普通の当選以上に低いものとなっていますから、資金を早く動かしたいという理由があるのであれば補欠キャンセルをするのもひとつの選択肢となります。