IPOの魅力というのは公開価格の何倍もの初値がついて、公開価格で手に入れることさえ出来ればそれだけで大きな利益を手にすることができるという点にあります。
もちろん、全てのIPOが公開価格の何倍にもなるというわけではなく、中には公開価格を割った初値をつけてしまう銘柄もありますから、普通の株取引をするのと同じように銘柄選びは重要となりますがそれでも公開価格を上回ることが間違いないという銘柄を見分けることはそれほど難しいものではありません。

そのため、公開価格を上回ることが間違いないといわれる銘柄を当選すれば、すでに含み益があるとみなして取引をすることも可能といえるのです。
サイバーダインは前評判が非常に高く、初値が高騰することは間違いないとされていて、プラチナチケットともいえる銘柄となっていました。
そのため、サイバーダインのようなIPOを当選させた場合にはその時点で、購入価格の倍程度の利益が出るとみなして他の投資をするということも決して無謀なものではなかったのです。
ただし、いくら前評判の高いサイバーダインのような銘柄とはいえどもあまりに極端な価格を見越して、それだけの金額がつくとみなして投資をしているとあまり初値が高騰しなかった場合に、資金管理が難しくなってしまうことがあるので高望みしすぎないことも重要です。
サイバーダインは初値が倍近くつきましたが、それでも持てるポテンシャルを考えればそれでもやすいと感じる人がいる水準でもあったためどれだけ前評判が高くとも、IPOの初値予想というのはピタリと当てることは難しいため、あまり高望みをして皮算用をするのもリスクがあるので、このような銘柄が当選したときには十分気をつけるようにしましょう。