IPOを当てるためにはどうすれば良いのでしょうか。
そのためには証券会社がどのように割り当てているのかを理解することが必要です。
ある証券会社では、ポイントを設定していて、IPOに落ちるとポイントが上がります。
そして、ポイントが上がると当たる確率が高くなります。
このようにすることによって、投資家に平等に割り当てられるように工夫しています。
そもそもIPOの割り当て方には特にルールはありませんから、証券会社が独自に決めていて、多くの場合には抽選が行われます。
当たり前のことなのですが、証券会社は優良なお客さんを優遇したいと考えています。
ですから、良いお客さんに対して優先的に割り当てると言うことが行われているかも知れません。
このあたりは証券会社の内部の人間にしか分からないことです。
まず仕組みを把握して、それに応じて有利な選択をしていくのが良いわけですが、証券会社は一つしか開設してはいけないというルールもありませんから、とりあえず多くの証券会社に口座開設をするのは良いです。
最近では口座開設手数料や年会費が無料の証券会社もたくさんあり、それらの中にもIPOを取り扱っているものも多くあります。
これらにとりあえず開設をしてみるのは良い方法です。
別の証券会社から同一の銘柄のIPOに当たると言うこともあります。
そこまでは期待するべきではありませんが、一つの証券会社だけで申し込みをするよりも、複数から申し込んだ方が確率は高くなります。
このような方法も頭に入れておくべきです。
結論的には運ですから、外れる人は外れますし、当たる人は当たります。
それでも、当てに行くのなら色々な方法を駆使して確率を高めに行くべきでしょう。